☆本の紹介☆

こんにちは(^^♪

言語聴覚士の梅田です。

今回は最近読んだ本の紹介をします。

『ケーキの切れない非行少年たち』

著 宮口 幸治 氏

内容の概要

① 非行や犯罪をする少年たちには原因がある

② 今の少年院では原因の追及や解決よりも反省を促し、再犯防止や更生させようとする傾向がある

③ 発達障害(脳に器質的に異常があり、認知機能の低下がある)により、学校の勉強についていけなくなったり、コミュニケーションがうまくいかず、非行や犯罪の要因となっているケースがある

④ ③のケースでは認知機能が低下しているので、反省を促すだけでは更生や社会復帰は困難な場合がある

⑤ 正確に評価を行い、認知機能そのものにアプローチする必要があり、著者は様々な方法を試みて成果を上げている

⑥ 学校教育の段階で認知機能の向上へ関与できれば非行や犯罪の予防につながる。実際に短時間の楽しい関わりで効果がある事が示唆されている

この本から沢山の事を学びました。

症状や結果のみに注目して対処療法を行うだけでは根本的な解決にはなりません。

まして本人を責めても意味がなく逆効果となります。

なにより愛情、情熱を持って子ども達と関わり、諦めず行動を起こして継続することに感銘を受けました。

私も言語聴覚士として正確な評価を実施して、訓練の精度を挙げられるように日々研鑽に努めます。

リハビリ訪問看護きらっとテラスでは小児に関する相談もお受けしています。

お気軽にご連絡ください(^^♪

Follow me!